top of page
Visiting Kimono
Maître Masayuki Fujii ©️Yakuto Arai
Komusô 虚無僧
Mâitre Teruo Furuya Shakuhachi
Jumelle à Théâtre Nô
kimono Tsumugi
Koto & Shakuhachi

Sakura🌸Couture
桜​🌸クチュール

着物の歴史

  1000年前、「源氏物語」の時代、それまでの奈良時代のような衣裳が日本的なものに変わってきた時代。裸の上に「単ひとえ」と呼ばれる衣を直接着ていました。

江戸時代(黒澤映画『用心棒』でこの時代を描いています)末期頃にようやく、「小袖(こそで)」というものが出来上がり、白ではなく色付きの派手な小袖も生まれ、芸術的な文様を可能にする技法「友禅染(友禅染)」が登場し、貴族や百姓の間でも流行しました。

「袿うちき」と呼ばれる衣を5枚重ねた「五衣いつつぎぬ」も元々は何枚という決まりはなく、中には20枚も重ねた人もいました。

  江戸時代のファッションは、現代の私たちが着ているものに似ています.

明治時代(ジャポニズムの流行中)には、政府を近代化するための政治的措置がありました。これらの 1 つは、西ヨーロッパに存在する政策に関連して、人々の港を組織する政策でした。

このように、日本において伝統的な和装から洋装中心の装いへと移行していきました。

 

注目すべきことは、明治初期の日本の衣服の近代化の中で、アルベール・シャルル・デュ・ブスケとポール・ブリュナという名前のフランス人が助言と指導を提供したことです.

振り返ってみると、彼らの助言がなければ、日本の着物文化は違った形で発展していたでしょう.

 その後、和装に礼服が選ばれるようになり、和装と洋装のエミュレーションが行われ、第二次世界大戦前はより伝統的な装いが強調されました。

正に、海外のファッション文化に影響されながら、吸収するかのように進化する日本の着物文化は、今後もどんな風に発展、展開してゆくのか、今を生きる私たちがクリエイトして、着物の歴史を紡いでゆくのかもしれません。

bottom of page